病気にかかった庭木は伐採でトラブル回避
病気になった庭木は業者に伐採作業を任せよう
病気の庭木を伐採したついでに抜根しておこう
伐採しないために害虫と病気から庭木を守る

伐採後の抜根について【庭木の伐採の後に考えるコト】

伐採に合わせて行える作業~抜根の必要性~

草刈り道具

病気になった庭木を伐採したら終わりと思われている方もいます。ですが、伐採した後も、木の根は残っている状態になります。残すか残さないかは自分で決めることができ、残したくないのであれば抜根を選ぶことができます。

抜根はした方がいいのか

庭木の根を残すメリット
病気になった庭木を伐採した後、抜根を行わない方がいます。その理由としてはオブジェとして残したい、切り株から生えてくる新芽を育てたいといったことのようです。また、切り株から生えてきた新芽が可愛くて残しておきたい、という方もいます。根を抜かずにそのまま残しておきたいという理由はそれぞれですが、思い入れのある庭木の根を残しておく方は非常に多いです。
抜根をするメリット
庭木の根を残す方もいますが、抜根を行なう人も多くいます。抜根をすることで、害虫を寄せ付けなくさせることができます。また切り株がなくなるので、庭がすっきりとした状態になり、見た目が全体的に綺麗になります。さらに、病気になった庭木を伐採し抜根することでスペースを確保することができ、ガーデニングなどに再利用することもできます。今後の手入れの手間や費用を軽減することにも繋がります。このように色々なメリットが得られるのです。

状況によっては抜根ができないことも

庭木の伐採後の抜根は依頼したら必ず行えるわけではありません。場合によっては抜根をしたくてもできないこともあります。

抜根が難しい場合

地中の奥深くまで根が張ったケースは要相談(伐採のプロ)

抜根を行なう際に、根が地中の奥まで根が張っている場合作業を行なうのは難しいです。また、ガス管や水道管に根が絡まっている場合でも行なうことはできません。その理由としては、住宅の耐久性が低下してしまったり、完全に破損したりしてしまう可能性があるからです。作業が難しい場合は特殊抜根といった方法で対応しています。この方法は、対象となる根を枯らすという方法で多少時間がかかってしまいますが、綺麗に取り除けます。



TOPボタン