病気にかかった庭木は伐採でトラブル回避
病気になった庭木は業者に伐採作業を任せよう
病気の庭木を伐採したついでに抜根しておこう
伐採しないために害虫と病気から庭木を守る

病気をしない庭木を保つためには【伐採作業と一緒にやっておこう】

病気を予防することで庭木を守る

庭木が病気になったり、害虫による被害が酷かったりした場合には伐採を行わないといけません。完全に取り除くには庭木の伐採が必要です。庭木に病気や害虫が寄り付かないよう健康な状態にするためには、業者に依頼して予防することがとても効果的なのです。

庭木を病気から守る効果的な予防策


庭木も病気になると聞きました。何か予防策はありますか?
害虫の発生や病気から庭木を守るために、業者ではいくつかの予防法を設けています。病気や害虫が発生しやすい特徴としては、風通しや太陽の光が入るようにする必要があります。害虫は湿度の高いところを好むので、庭木が伸びすぎてしまうと発生しやすい環境になってしまいます。そういった環境にしないためにも、業者では庭木の剪定や草刈りを行っています。定期的に行っておけば、害虫の発生を防ぐことができますし、病気にならない庭木を育てられます。

消毒作業も専門性がある

病気や害虫の発生を予防するには、剪定や草刈りだけでなく消毒でも防ぐことができます。消毒は自分でも行なうことができますが、業者に依頼した方が効果は高いです。

庭木の消毒をする理由

  • 病気の予防
  • 害虫の駆除

消毒はただ薬剤をかけたら良いと思われがちですが、ただかけるだけでは効果にあまり期待できません。また、庭木が弱ってしまい枯れてしまう可能性もあります。消毒をするならプロである専門業者に任せるのが一番です。

消毒は時期に合わせて行なう

季節によって庭木に寄ってくる害虫が違ってきます。春から夏は気温が暖かくなるため、害虫が出てきやすくなります。冬場になると多くの虫が冬眠に入るので、この頃から予防しておくと効果的です。ですが、消毒をするための薬剤にはいろいろな種類があるので、対象となる害虫や使い方に注意する必要があります。害虫によっては一切効果を与えないような薬剤もあります。庭木を害虫や病気から守るためにしっかり消毒の効果を上げたいのであれば、扱いに慣れた業者に任せることをおすすめします。



TOPボタン