病気にかかった庭木は伐採でトラブル回避
病気になった庭木は業者に伐採作業を任せよう
病気の庭木を伐採したついでに抜根しておこう
伐採しないために害虫と病気から庭木を守る

病気になった庭木とはさよならしよう~業者にしかできない作業で~

業者にしかできない伐採がある

業者の女性

庭木が病気になってしまった場合は、根本から全て伐採しなくてはなりません。庭木の伐採を行なう際に、自分でできるのか、業者に頼んだ方がいいのか悩んでしまいます。自分で行えるのであればどのような方法で行なうのか、業者に頼むと何が良いのか見ていきましょう。

自分で伐採は行えるのか



自分で伐採することは可能ですか?また、どうやって作業を行ないますか?
庭木の高さが3メートル程度のものであれば、自分で伐採することができます。自分で伐採を行なう際は、ノコギリやチェーンソーを使って作業を行っていきます。ですが、庭木は乾燥している木材と違い切りにくいので、ノコギリで作業を行なうと相当な体力が必要となります。また、伐採する庭木が10本くらいあるのであれば、ノコギリを使用して切っていくのはかなり時間がかかります。伐採作業をするのであればチェーンソーがおすすめです。ノコギリよりも楽に作業ができます。
道具の扱いに注意していれば危険はありませんか?
道具の使い方だけでなく、切る時にも注意をしなくてはなりません。木を倒すときには風向きや木の周りなど状況に配慮する必要があります。予定していないところに木が倒れて、人や建物に当たってしまったなどのトラブルを起こしてしまうことも考えられるからです。庭木が病気になって枯れてしまったり、邪魔になったりした場合の伐採作業は、経験豊富な業者に依頼した方が安全なのです。
業者ならではの良さを教えてください。
病気になった庭木を伐採する方法や道具などを知っていても、やはりそれなりの知識や経験が伴っていないと作業をうまく進められないと思います。庭木の伐採は、対象となる庭木の大きさに関係なく、業者に頼んだ方が自分で行なうよりもスムーズかつ良い内容となります。伐採に必要な機器の扱い方に慣れていますし、業者しか取り扱っていない特殊な器材も持っています。もちろん、病気になった庭木の伐採においても安全に作業を進められます。伐採について、疑問点や不安がある場合は、直接業者に問い合わせてみるとよいでしょう。
TOPボタン